2010年10月10日

aki TOUR2010 -40th-@S-HALL新横浜

101010.JPG

なんとも今年初のakiちゃんライブ、な上にお誕生日、ということでかなり楽しみでした。
そしてかなり楽しかったです。
しかし、これだけブランクが開くと多かれ少なかれ感じる変化に「!?」となること多々。

(順不同)
Seven
CRAZY FOR YOU

FOOLISH DANCE FLOOR
Go Ahead
Dilemma
Trust
Asian Moon
くちづけ
THE TERRA SCREAMING

PLATONIC

VANITY
RED-ZONE
One Love, One Peace

?部のあたりでタイトルの判らない曲が加わります(汗

(Encore)
白い翼
NEO HERO
COME INTO CONFLICT
Lack Of...

Seven始まりな途端に「メール打たなきゃ!」と一人で大うけしてたのですが、
私の大好きなドンドン・ウィーッス・ドドン・ウィーッスが無くなっててとても違和感。
これが無いとフツーのSE、私にとってのSevenの時代は終わりました。。。

最初のMCで「無事に40歳になりました」と。
「こんなオッサン達・・・あ、達じゃないか、
 オッサン・・・おっちゃんの為に集まってくれて」と終始自虐ネタでした。

相変わらずライブは最初っから熱かったです。
今日こそタオルが必要だった。。。レッグウォーマー不要だった。。。
熱いFanに向かって「暑苦しいな、オマエら・・・・可愛いぞ」めっさ萌えたw

本編最後の方で演ったRED-ZONE、ヘドバンがスゴイ・スゴイ・スゴイ、
曲を知らなかったので絶景でした。
でも、本当なら一緒に頭を振っていたかった。。。
タワレコで売ってる?買わなきゃ、INSPIRE、ミニアルバム。

オーラスのLack Of...、One More TimeでOneどころか40歳記念として40回やるぞ、と。
a:「デスヲくん、平気?」
デ:「40・・・確実に死んでます」
a:「実はオレ、One More Timeの時、何もしてないから何モアでも平気♪」
と明かしてました、確かにwwwデスヲとFanの子たちが一番大変らしい。
大:「でもakiさん、何もしてないワケでなくFuFuFuFuFuFuFu...て言ってますよ」
大ちゃんのモノマネ付だったので全員爆笑。

今月中にakiちゃん、横浜へ引っ越して来るそうです◎
来年からまた少しずつ多く動いてくれるかな♪
でもSUNPHONIX HALL拠点なのは変わらないのかしら。
「名古屋を棄てたワケじゃないから」とも宣言してました。

11/13はROCK'N' ROLL SURVIVOR vol.4としてdefspiralと2マン@S-HALL
11/14はイベントで犬神サーカス団もゲストで出る、と@S-HALL
12/24はaki's Bar@同じ場所
12/26はTHANKS2010と題し@同じ場所、プレゼントもあるかも、と。

11/13と12/26を行きたい日としてチェックしておきます。
posted by あや〜ん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

every[one].の

まとしゃんのドラムに釘付けでした◎

花粉症悪化?!と思ってしまうようなJunjiのコンディション、
本人は楽しそうなんだけど集中力が続かないような…薬が効きすぎ、とか??

でもなかなか楽しめるリストでした。

ライズアップはホント、良いね◎
前に居る子みんな廃人さんみたいでした。

いつの間にか恒例化してる本編後の映像は1人で見るとちょっと虚しい…。

次は3週間後の池袋、ホワイトデーと称してお返しを戴けるようですが…
本日手ぶらで臨んで失礼致しました(汗
posted by あや〜ん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

www

D'ERLANGERライブ行って来ました。

「CDよりやっぱりライブ♪」な気持ちになるライブでした。

ホールだしぃ〜、新譜聴いた限りでは暴れたくなるような曲が無いしぃ〜、と
些か消極的ではあったのですが・・・

あ、でもライブに備え、検診と組み合わせて15時にあがったから"消極的"ではないか?!

「そっか、財力が若干ある環境下のバンドはホールでは"魅せる"んだった☆」

下世話な表現ではありますが、そんな当たり前のようなことが思い出させられるライブでした。

ま、ライブの感想は後日にでも。(本当か?本当に書くのか??


で、タイトルの「www」は何かと云いますと・・・

D'ERLANGERライブが終わったので、晴れて先日買ったCDたちが聴けるワケですよ。

案の定、スペカウは聴いてて楽しくなりました。
素敵☆楽しい☆キラキラ☆ 永遠に聴き続けていられそう。
Macの前でノリノリな私をハナ@睡眠中が「うるさい」と先ほど怒りに来ました、さーせん。

そしてスペカウに続いて聴いたHALATION、なんとHALATION、"Go into spark"が、ですね、

「ライブよりCD♪」な感想なんですけど・・・www

ライブでさんざん(さんざん、って云うな! 耳にしてたから曲に慣れてる、ってのはあるけど
当然のことながら、ライブより音が丁寧なのでjunjiの変態作り込みっぷりが現れててイイ。
ププッとしてしまった"instrumental"も、なかなか聴けます。
家で聴いてて楽しい曲っていうのはライブでもモチロン楽しいわけで・・・
来週のライブが少々楽しみになってまいりました。

Shadowはもう少し慣れる必要がありそうですが。
posted by あや〜ん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

追悼カラオケ。

090905_1603~01.jpg 初パセラ・初ハニト

20040905 Laputa ALL BURSTから早や5年ですよ。。。

ということで凛ちゃんと4時間・Laputa縛りで追悼カラオケ。
楽しすぎでした、懐かしすぎでした、ソラ耳の尋常無さにビックリでした。

あれだけ聴いてたFINALが実はノリ一辺倒だったなんて、詫びても詫び足りないです。
全然歌メロ思い出せなかったんだもの!

“BODY” Communicationが唄えて感無量ですw

ホント、いつ復活してもらっても全然OK◎
彼らに関してはライブ映像が少ないという点が本当に残念なところ。。。
また見たい、というか、またハシャぎたいものです。
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

aki@さいたまHR

TAXIすっ飛ばして都会まで出て、上手く乗り換えできれば定時後に会社を出ても
さいたまへ18時半には着くのだということが分かりましたが、
あまりこんなことしたくありません。冬だというのにライブ前から汗だくでした。
ロッカーに上着預けてからHRまでの人気の無い道で余計に寒さが身に凍みました。
携帯の乗り換え検索のバカさ加減に飽き飽きでした、上野→さいたまなんだから
宇都宮線と高崎線の両方で一度に検索しろ、っていうの、バーカバーカバーカ。
でもホント、間に合って良かった・・・

だって1曲目が

Seven !!!!

ありがとう、ありがとう。。。
前半わりとパワー抑えめ曲が多かったので後半どうなることやら、とドキドキでした。
くちづけ、ライブで聴くと実はツボだった、ということが判明しました。
NO REASONはもっと勉強します、はい。

それにしてもakiちゃん大きいよ、ちょっとショック過ぎました。。。

でも変わらずライブは全開、やっぱakiちゃんライブは楽しくて好きー!!
TOUR"WINTER"、もう1本行きたかったんだけどね・・・来年も引き続き宜しくお願いします!
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

HALATION@チェルシー

080429_2105~0001.jpg と云いながら写真はコレ@andonand

虫の知らせか出発前にjunjiのblogを見たら1週間前に発表されていた衝撃のニュース★
本日のライブは男子のみ、とのこと。Katie出ないんだ。。。
「いろいろあると思うけど、わかっとくれ〜〜〜」のjunjiの言葉に「?!?!?!」でした。
でも、Katie居ない場合はどういうアレンジで来るんだろう、まさか曲数を削ったりはしないよね?と
X'masライブもその前も、結構良いライブが見れていたので初めはあまり問題視してませんでした。

FC限のページでの発表だったからあまり情報が伝わってなかった??
ライブが始まって・・・Katie不在が故に思えた、いつも以上にスロースタートな私たち。。。
ま、序盤のjunjiのボーカルも私的にはかなり不安要素ではあったんですけど・・・
後半は余計な力が抜けてとても気持ち&調子良さそうに唄ってるように見えた。

演った曲(順不同)
overdose / hysteria / the chain
new One... / 誘惑.青 / morrow
吐息 / Freedive / I'll die 4 U / baptism by effusion
let down / forever ending / SPACE / step / worldly-wide
trick baby / last moment / Enemy / ハレルヤ
slow dance
誘惑.青 / morrow

先ず最初のMCで「僕はステージに立ち続ける」みたいな意味深な言葉が。
え??Katie、今日だけお休みなんじゃなく、この先も居ないの??と不安が過ぎった。
今日はKatie不在については一言も言及無くて真意は分からず。
あ、でも「演れる曲が少ない」みたいなことは呟いてた。

多彩な彼女なだけに声・音はモチロン、ステージ上の艶・力が欠けてたのは否めない。
Katieが居ないとパフォーマンスで"攻め"の人が居なくなっちゃうもんね・・・
でもでもマイナス面ばかりではなく、的場さんの音とかjunjiのギターとか、
デジデジ音が増量している部分もあって、いつもとはまた違った産物もあった。
うん、的場さんの音は特にそう感じたなぁ。。。
SPACEではjunjiはアコギで、アレンジが全く変わってました。

本編ラスト4曲突入の前にメンバーの"発表"(紹介)があって、
テルミンでラブ・ミー・テンダーをちゃんと奏でられるおすぎにいたく感動してた私です。

来月のHALATIONはBUG@ZaXとかぶってて行けないのですが、Katieの在・不在が気になります。
今日のライブも後半はちゃんと熱く盛り上がったのだから、彼女が不在でもイケないことはない筈。
聴かせるのも盛り上げるのにも良い曲が揃ってるし、演奏力は文句なし。
junjiには唄・演奏だけでなく、フロントマンとして客とバンドをグイグイ引っ張って頂きたいものです。
他のメンバーさんに頼ってばっかじゃダメだよーー☆
ラベル:junji live
posted by あや〜ん at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

HALATION@CHEALSEA HOTEL

演った曲(頑張って記憶を辿ってるけど、結局順不同)

誘惑.青
new One...
hysteria
HALATION
all is full of love
“the chain"
morrow
SPACE
step
worldly-wide
Let Down
one.
新曲<SLOW DANCE>
Enemy
freedive
I'll die for you
baptism by effusion
trick baby
ハレルヤ
last moment
R.I.P
新曲<SLOW DANCE>

始まって先ず、誘惑.青のアレンジに驚きました。

とにかくとにかく、とても良いライブでした。もちろん曲数が多かった&2時間以上あった、っていうこともあるけれど、そのセットリストがメチャメチャ自分好み◎最初っからテンション↑↑上がる曲ばかりで、聞こえはあまり良くないかも知れませんが本音、今年一番のHALATIONライブでした。
私の中でアルバムR.I.Pは1曲1曲は良い曲揃いなのだけど、全体を通して聴くと毒っ気が少なく思えてしまっていて・・・それが今年前半HALATIONに対してクールダウンしてしまった原因でした。でもでもこうして散りばめて聴いてみると、うん、やっぱり良い曲ばかり。

もちろんjunjiのフロントマンとしての魅せ方は回を増すごとに上達?確立?していて、その貪欲っぷりには毎回感心してしまうほど。そこに前半からKatieのボーカルに感服させられる曲が畳み掛けたので…もぅ、ぐうの音も出ませんでした。

前半の何かの曲の前奏で奈良さん&杉山さんが手拍子を入れてた。その曲が・・・思い出せない☆それとは逆にbaptismの終わりの手拍子が無くなってた。
あー、freeway演ってないですね。crystalも。演らない曲が出て来るのは寂しいところではありますが、その分「今日はどんな曲が、どんなリストで聴けるんだろう」とドキドキできるのは嬉しい限りです。

あとね、あとね、スゴイな、って思ったのがjunjiの曲への切り替えの早さ。相変わらずまったり…というか尻すぼみ的なMCで強引に次の曲へ行ってしまうんだけど、junjiはしっかり曲へ入り込めてしまうところに驚きを覚えました。ボーカリストとして何かを掴んだ??
MCは…もぅちょっと照れ、というかFanへの恐怖心を払拭してください!煽って客とコミュニケーションを取れば良いのに・・・恥ずかしい?偉そうにして全然良いんですよー☆だって、HALATIONのライブを見に来てるんですもの。Sになってください。MCが毎回、MC→メンバー間の会話になってしまうところが・・・面白いんだけど、結果尻すぼみのように思えちゃう。。。
ま、それがjunjiと言ってしまえばそうなのかも・・・そういうカワイイところにキュンキュンしてしまうんだけどね。。。

正直、去年の9月の東名阪ライブの時のお熱の上げっぷりが嘘のようにHALATIONに対して今年前半はクールダウンしてしまっていました。それがメッチャメチャ今日のライブで再燃♪今度はちゃんと汗をかいても良い服装でライブに臨みます(涙

ギターの音が出ない、なんていうトラブルに見舞われたstep、3度目の正直で無事に曲に入れたんだけど、歌い出しの「嬉しそうな君のstep」でjunji自身が一番嬉しそうな顔してた。その曲以外でも歌いながら笑顔がこぼれる、っていうのは見ていてコッチも本当に嬉しくなってしまうw あー、ホントに今この時を楽しんでるんだ、って思える◎もちろんメンバー間のアイコンタクトもそう。他のメンバーと目が合ったときの的場さんの笑顔とか!

あ、one.で奈良さんコーラスしなくなっちゃったんですかね?マイクはあったのに歌ってなかった。。。

新曲はとてもキレイな曲でした。ギターソロ、とは言わないかも知れないけれど、メチャメチャjunjiがギターに集中(?ガン見?)する箇所があったり。
うん、ホント、junjiの作る音はとてもツボです。HALATIONの曲は本当にツボ曲ばかり。そんな曲がどんどん増えることがとっても嬉しいです◎

突如切り出された「皆さん、クリスマスはお暇ですか?」という次回ライブの告知。一体何処まで事実なのか結局掴みきれなかったけれど・・・12/24、HALATIONを予定しててOKなんですよね?!今日のステキなLIVEを魅せられてしまったら喜んで受け容れるしかないでしょ!楽しみです♪

・・・本当に1日2公演?!?!炊き出しあり?!?!おすぎの家にはずんどうがあるの?!?!
全く持って謎だらけなので、NEW-HALATIONからのお知らせを心待ちにしてます◎

いゃ〜、ENCOREの時のあのシャツ、フツーに可愛かった、らぶ。

で、今日は2nd Annivarsary LIVEとうたわれていたハズだったんだけど・・・何もそのことについての発言はありませんでした。去年、グッズで売られていたスワロ付きTシャツ、今年もあるのかと期待してたんだけど無かった、残念☆
でもでもカメラ回してたので・・・また映像化するのかな??それに期待!
ラベル:HALATION live junji
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

aki@O-WEST

akiちゃんの今TOUR、14本のうち4本に参加。今日がLASTなのは寂しいけど、何て云うか・・・「やり切ったゼ!」感の方が大きい。
前回のさいたま2DAYSがものっそ楽しかったので、平日のお仕事後なのに、ロッカーに荷物預けられなかったのに、1曲目のVANITYから一気にテンション上がりっぱなしでした。1,2曲目がCDと一緒なのは今までと一緒だったけど3もそう、4もそう、で半ば確信しました、akiちゃんが言っていた「新しい試み」「アンコールを含めると4部構成」の1部目の意図を。だったので、AGAIN辺りからニヤニヤ・ウズウズしてしまう私が・・・。心の中でカウントダウン・・・8曲目へ向けて。すごかった。いきなりスイッチON、文字通り「高速」でした@横ちゃん
飛んでたね、大ちゃんの後方から飛ぶ姿が見える度に凛ちゃんと爆笑でした。

白い翼が終わった途端に気付いた足の痛み、っていうか麻痺。仕事後だったので厚底を履いて行けず、それ以外で一番視界が開ける靴を履いていったのが間違いでした。ムチャクチャ足が痛くて、続くTERRA〜で思うように頭が振れなかった。。。
あ、あと歌の導入部での掛け合い中に息を整えてる横ちゃんの姿を教えて貰ったw「平成生まれは居ない」発言は失礼この上ない!多分、大ちゃんゾーンだったんだろうけど、無理矢理「微妙な」横ちゃんゾーンに割り込んで参加しました。

REGRETは完全克服したぜ!
PLATNICはakiちゃんもFanも・・・それどころか人時までもノリノリで踊ってたのにはビックリした。そしてここでも横ちゃんのパットの叩きっぷりはスゴかった◎スティックが直角に折れてました。それでも使ってました。

第2部のアコースティックver. Brilliant JesusとThe EndではDEATH-Oのパーカッションに静かに癒されました。

この時点で既に14曲。ということは第3部はノリ曲がドーンと来るのかと思いきや、Love MessiahとかAsian Moonとかの大ノリ一歩手前曲とかも演ってくれて、結局本編は20曲近く演ったのでは?
足が痛かったのでBUMP・COME INTO〜では大人しかったです。でもとうとう耐えきれなくなってONE LOVE〜で靴脱いだよ、裸足LIVE、人生初だったよ、一気に何も見えなくなったよ(涙
でもラストのLack offは、楽しかった♪
ENCOREは意外だったVisionaryと、Neo Hero。

このTOURで確実にakiちゃんLIVEが自分の中で「心待ちにするお楽しみLIVE 第2位」に格上げ!早く次のLIVEが見たい!ゆっくり休んで、でも早く動いて頂きたいです◎

LIVE後、最高潮のテンションでO-WESTから出て来た我々をたまたま別用で来ていたぺん嬢が捕獲。3人でゴハン→カラオケコースに。楽しかった♪
ラベル:live Aki
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

aki@HRさいたま2DAYS

楽しかったー♪
マズイ・マズイ・マズイ・・・マズくないけどマズイ位に横ちゃん熱急上昇!!
アゲアゲ上手な天才って本当にツボです。
あの笑顔にヤられました。あの機転にヤられました。あの高速ツイストにヤられました。あの「飛びっぷり」にヤられました。。。
akiちゃんの後ろから覗かせる「飛び」。忘れた頃にやってくる「飛び」が、もぅーーー!!

スッゴイ踊ってるんだけどスッゴイ弾いてる。天才◎

白い翼、2日間とも素敵過ぎました。

現在のところそんな余韻。聴けて嬉しかった曲、克服した曲、反省した曲、勝手に葬ってしまった曲etc...まともな感想を書けるかどうか分からないけど一応「後日」◎

2日目、音が整っててホント良かったーーー!
上モノがちゃんと聞こえて安心しました。

PLATONICも楽しかった♪
ラベル:Aki Laputa live
posted by あや〜ん at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

aki@24横浜 2日目

akiちゃんのLIVEはとにかく楽しいから曲を知らないととっても損した気分。

---そんな思いに駆られて久々に発売日前日にアルバムを買いました。そして覚える、まではいかなかったけど耳・身体に馴染ませての参戦。結果、楽しかった♪再来週のさいたま2DAYSに向けてもっともっともっと聴いて、自分なりの聴きドコロを作って臨もうと誓いました。
 
 すいません、備忘録なので以下ネタバレです。
ラベル:Aki live
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

HALATIONトークイベント

朝目が覚めたらドンヨリお天気。今日がイベント日であることは重々把握をしていたけれど、集合時間を見たら12時半とかでその早さに「どうしよっかなー」。生junjiだというのに。。。夕べ予約して洗い上がっていた洗濯物を干し・・・ダラダラしながら行くかどうしようか考えてたらもう1度布団へ入ってしまい2度寝(あれ?
12時前にHALATION繋がりであるのんちゃんからメールを戴く。そこで俄然テンション上がった♪急いで服着てファンデと眉だけ施して、青山へGo!

会場であるavex本社へ着いたのがSTART3分前。・・・Fanはおろか係員すら居ない★過去のイベントで入場口であった裏口へ回ってインターホンで守衛さんを呼び出す。「勝手に入ってくれ」と言わんばかりの対応。・・・ノーチェックですか。それなら、と勝手にエレベータに乗って8Fへ。そこでスタッフらしき人を捕まえると「奥です。空いてる席へお掛け下さい」・・・席、空いてるんですか。ここでもノーチェックですか、そうですか。。。
確かに場内、空いてる席がチラホラ。最後列でjunjiが見易いであろう席を見繕って座る。緊張感ゼロ。

間もなくイベントがスタート。過去2回の荒川さんに代わって、今回は大野祥之さんがインタビュアー。おぉ〜、私が勝手に「尊師」と呼ぶ男!日本一えげつないライターさん(褒めてます。ライブ会場ではお見かけしたことがあるけれど、お仕事中の尊師(失礼 は初でした。

大野さんに招かれjunjiが登場。蒼っちろい顔・・・起きてますか??
早速R.I.Pのタイトルにまつわる話からスタート・・・と思いきや、ワイヤレスマイクの調子が良くなく何度か中断。充電式?未充電??スタッフが対応する中、生声でのトークに。生声だと一番後ろでは大野さんの声は聞こえるのだけどjunjiの声がちょいと聞きづらかった。。。
そこに気付いてか、大野さんが
「後ろの人が聞こえないと可哀想だから、みんなイス持って来て俺たちを囲む?」とご提案。
尊師、ナイスアイデアでございます!!!!遅れたクセに私は前に行きたい気満々(苦笑
「後ろの人聞こえてる?」問いかける尊師に笑顔で首を横に振る私。
「・・・聞こえない、って首を横に振ってるんだから聞こえてるんだろうけどw」
あ、尊師、その通りなんですけど、junjiの声が聞こえないのです。。。orz

で、結局壇上の2人を囲むように40〜50人がイスを持って大移動。おかげでしっかりとjunjiの全身を拝むことができました。普段着のはずなのにあそこまで胸元が開いているとは。。。(変態
でも相変わらず視線は宙を彷徨うor大野さんしか見ない☆のんちゃんが書いてた「おまいは何ゆえそんなにファンを恐れる?」実に言い得て妙◎本人の日記にも「まさかあんなに近くでやるとは!!!」だなんて、すっかり怯えきったご様子でした(苦笑 そうですか、そんなに苦痛でしたか。。。

家でヘッドホンして作業していたら"熱唱しないでください"と隣人からのメモがポストに入れられていた、というエピソードが可愛かったデス。

あと「もうBASSは持たないの?」みたいな尊師の質問に対し、「ASAKIちゃんと演ったりしたし…」と昨年のA.O.P.サポートにふれた、なんて些細なことに喜びました。junjiのクチからASAKIちの名前が出たよ〜、って☆

尊師が昔々ラジオで同じくライターの長谷川幸信氏と番組をやっていた時は、各バンドのFanが耳を覆いたくなるような話題が満載だったのですが、齢を重ねたからか、相手が返しの悪いjunjiだからか、終始ソフトな内容でトークイベントは終わりました。ちょっと安堵、ちょっと残念。。。

終わってみれば朝のウダウダ感は何処へやら。すっかりjunjiに癒され、目の保養を成し遂げた私が居ました。そんな私の活源となってくれた(勝手に私がそう仕立てた)のんちゃんと終わってからお茶して、喋りまくって、帰路。家に帰ったらトークイベントの内容を殆ど忘れてたりも;うーん、全体的に抑揚のない話たちでした。。。でもイイの、素敵だったから◎
ラベル:junji HALATION
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

HALATION@O-Crest 2DAYS

2/17,18と参戦したHALATIONライブ東京2DAYS、場所は「もう、ほんと、階段昇るのしんどい…」な渋谷O-Crest。

1日目、2日目ともに「Enemy」「morrow」「freeway baby」でスタート。勝手に”R.I.P”同様ハレルヤ始まりかなー?と思っていたので、意表を突かれた。私のエンジン曲morrowが2曲目っていうのも新鮮☆...エンジンかけ損なったけど;

中盤に差し掛かる辺りから曲順が変化してきて1日目だけやった曲、2日目だけやった曲が出て来た。1日目は久々に聞いた「let down」に感激☆HALATIONの曲ではないけれど、すっかり彼らの曲としてカタチを成している、モノにし過ぎてる◎私はここでエンジン掛かって続く「worldly-wide」で完全にご機嫌に。
2日目はやっぱり「one.」!! 年末も、1日目もやらなくて、何故??だったので聴けて嬉しかった。この曲は本当に素晴らしい曲◎

one.に限らず今回、特に目覚ましかったのが各曲のコーラスアレンジ。なかなかハモってる。やっぱりお歌の先生、Keityのスパルタ特訓の賜物?もちっと各人のマイクの音(特におすぎ)が上がってても良いと思えたけど、しっかりイケてました◎

「誘惑.青」はとっても雰囲気出てました。初めてLIVEで聴いたときは耳に入ってくる単語たちが繋がらなくてどういう曲なのか不思議だったのですが、全体を通して開放感ある曲なんだなーと。"突き抜ける"系。気持ち良かったです。
「step」はCDで聴くと違和感ないんだけど、LIVEで聴くと私的にはなんかPOP過ぎて甘いかなーと...。"two hearts silence"の後のギターはいたくツボなんですけど。

中盤から後半に差し掛かる「Freedive」「I'll die for you」を含んだ【化けるjunji】ゾーンは文句なしに良かったです◎この辺りだけではなく、全編を通してjunjiのパフォーマンスは向上してて、ノビノビと曲に入り込んでいるのが受け取れるようになりました、が、やっぱり【悪】化けはカッコイイ♪音もアレンジも◎

LASTの「HALATION」「trick baby」「last moment」は楽しかった♪HALATIONライブでステージ上もお客さんも笑顔全開になれる空間。みんながみんな楽しんで温かい空間を創り上げてる。

で、1日目の本編が終了した時に驚いたのが「baptism〜やってないじゃん☆」ってこと。改めて曲が増えたことを実感。LIVEで聴けなくなる曲が出てくるのは仕方のないことだけれど、baptism〜がそうなるとは、かなり意外でした。
2日目は聴けたけど。

ENCOREでやった「forever ending」、これ年末の時はおすぎがアコギ弾いてたよね?アルフィーって言ってたよね?junjiへ移行されたのは何故??

回を重ねるごとにバンドとしての各メンバーの役目がしっかりと明確化している感じ。上手2人は盛り上げ役として必須。前ほどjunjiに照れは無くなってるけどMCはまだまだまだまだ・・・。そこを弄られ役としておすぎが。そして弄り・弄られ役としてKeityがしっかりサポートしてくれてる。Keity、すごい楽しんでるなーっていうのが伝わって来ます◎そりゃ、ね、何をしても同性の私たちが"キャー☆"と目がハートですもの、嬉しいよねー。
本当にKeityはスゴすぎ。ギター、ヴォーカル、テルミン、キーボード、喋り、衣装、かぶり物w 何もかもを自分のモノにしちゃう。1日目の金髪ウェービー姿はお人形さんのようでした。おすぎがかぶってた黄色のストレートづらは"オチ?引き立て役?"と思えたのに、翌日づらチェンジしたら全然Keity違和感無いの!!スゴイなー、って改めて思いました。泣きぼくろ・sexyぼくろ、素敵でした◎

下手の2人、特にまとしゃんは演奏に徹してて、らう゛◎アイコンタクト、というか、目配りで各メンバーの動向をチェックしてる。5人の中で一番冷静に思えます。でも奏でる音は熱い!HALATIONの音の基盤。junjiの信頼も絶大なんでしょうね、ことあるごとにまとしゃんエリアまで下がって行くし、ファンに背を向けてまとしゃんに対して何かをしてる。。。きっとあの会場中で一番良いjunjiの表情を見れているのがまとしゃんなんだろうなー(軽くジェラシー

奈良さんはライブの回を増すごとに笑顔が増えてて、本当にその空間を楽しんでると思います。それはそこかしこに仕掛けてくるアドリブでよく判る。でもそのアドリブが、多すぎ・突出しすぎ・炸裂しすぎに私は思えて思えて仕方がない。。。これは昨秋のツアーで感じ、年末に確信。その時の感情が音として表出するというのはLIVE(生もの)として素晴らしいことですけど、・・・ちょっとFREEDOMすぎやしませんか?と私には気になります。私は割と普段からベースの音を求めてしまうLIVE姿勢なので時折"あれれ、そういうトコロ?!"ってなっちゃう・・・。


暖かくなったらまた動いてくれる、って!!今回聴けなかったcrystal my dear、聴けるかしら☆楽しみ・楽しみ・・・。
ラベル:HALATION live junji
posted by あや〜ん at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

"K"と"a"

ふと思い立ったようにakiちゃんの12月のLIVE記事が見たくなり、
珍しく本屋の音楽雑誌コーナーへ。
表紙を見ても誰だか、何ていうバンドなのかも分からない、っていうのはいつものこと。
取り敢えずFOOL'S MATEを手にすると安心する。。。ぃや、載ってる人殆ど分からないんだけど。

で、あったんだけど、あったんだけど、それよりも姉さん!!!!!!
akiちゃんの並びに載ってたKouichiがスゴイことになってますよ!!!!!!
サイトでもそれは確認できます。
自前だって。雰囲気が全然違う。。。

いつの間にかサイトもURL変わってたんだね。
Everlasting-K official web site

akiちゃんと云い、Kouichiと云い、揃って時代に逆行している感じ。

で、akiちゃん。
いつの間にか春ツアー発表されてて、思いっきりBUGとシンクロしてます;
横浜2日目とさいたま2DAYS、渋谷2DAYSを希望しても良いですか?
先行なんて気にしません。番号なんて関係無しです。
一緒に一般で取りませう◎一般だったら私もチケ買えるしー。>凜ちゃん...忙しい?

TOUR開始前にCD出るんだね。
また唄わせられそうで・・・コワイねw
posted by あや〜ん at 21:54| Comment(3) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

無料配布CD@aki "POWER OF RESONANCE 2006"

んもうっ、今日のライブの感想・反省なんて無料配布CDでぶっ飛んだんですけど。。。。

LIVE INTO CONFLICT FINALって謳ってる割には全然名古屋色強過ぎだしw

こんなの聞いたら次ツアー、名古屋行かずには居られなくなるワケで・・・

ぃや、理性理性。
決してLIVEに笑いを求めてるワケじゃないですから。ま、あるに越したことはないけど。

あ、でも今日のメンバー紹介も名言が残されたよね。
「オレはダレだー」が極致かと思ってたけど
「オレのこと好きかー」なんて、公私ともに初めて云われたぞwwww草生えちゃったじゃん!

akiちゃん、最高過ぎ!!!!!!お疲れ様デス....デスマイルも素敵だったなー(引っ張りすぎ;

ちょっとワケあってイレギュラーなヘドバンをしてしまったので、首の付け根の筋を痛めました;
お風呂入ってマッサージして、明日に備えて軟膏塗って十分に休みます。
・・・こんな三十路、如何でしょうか?
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

HALATION DVD2本立て。

cycle. high & low cycle. high & low

ちょっと前までLIVE DVDと自分がFCに注文したドキュメントDVDが別モノだということに気付きませんでした(汗 ようやっと週末になり2本とも見ることが出来ましたが・・・

家でHALATIONライブ、動くjunjiを見れる、というのはヒジョウに嬉しいことでして。。。でももっと欲を言えば、UNITだけの映像ではなく名古屋・大阪の映像も取り入れて欲しかったなー。確実に成長度合いが見て取れたと思うんだけど・・・あ、それだとムラが出てダメなのか;
ま、UNIT1本の映像だけだったからこんなにも早くリリースできたのかな、とも。

案の定、最初の2曲、to my mind、worldlyl-wideは失笑してしまうくらいにファンが棒立ち状態で・・・でも段々と反応と手応えが見受けられました。
想像以上にKatie画が多かったのは、ファンのツボがちゃんと理解されているというか◎
いやー、お茶の間Katie、贅沢な話です♪何度も云うけど、とにかくとにかくカッコイイ!
それと奈良さんのBASSの音がとてもよく聞こえるのも。

しかし、画質・音質、ともに「あともうちょい」に感じられたのですが、仕方のないことなのでしょうか?ぃや、BUGの方がもっと質は悪かったんだけどね。。。

で、一方、FCの方で注文していたドキュメントDVD『Recycle. cure』これはもう、言うこと無し(!?
あのALL BURST DVDのDISC2が1時間以上にわたってお楽しみ頂けるような状態でしてw
とにかく全編いろいろな場面で突っ込みどころ満載。

何で奈良さんHALATIONのDVD録りなのにINORAN Tシャツ着てるの!とか、
何で的場さんだけ道端でコメント収録なの!とか、
おすぎ、髭!髭!とか。
とにかく たくさんたくさん、いっぱいいっぱい・・・。

すっかりHALATIONファミリー気分でメンバー皆の一言一言に深く肯き&笑うことができます◎
でもやっぱりコレはJ廃限定なんだろうな。。。

そしてこっちには名古屋、大阪LIVEの映像も入ってるんだけど、やっぱりコッチの方が良いよー。表情が柔らかいよー。せめてボーナストラックみたいな感じでcycle. high & lowの方にもサワリだけでも入れて欲しかったなー、ってそれにどんな効果があるのかは謎だけど(エゴ?

ラベル:HALATION junji
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

HALATIONイベ@"G Party vol.01"

送られて来たチケットに"HALATION" Guest:babamania/GARIとあったのを見て、初めてその日の主役なんだってことに気付きました。したらGARIさん、babamaniaさんのMCでDVDリリース記念イベントだって言うじゃない、なるほどー、そっかそっか!

トップのGARIさんは初めて見聴きするバンドでしたがヒジョウに私好みの重厚サウンドでした。演奏もしっかりしてて、とても勢いが感じられたので楽しんで見てました。

続くbabamaniaさんは名前は知ってたモノの、やはり予備知識ゼロ。正直、最初ちょっと馴染めずに一歩引いて見てしまいました。男女ツインボーカルなのですが、声量の差がありすぎに感じて。。。でも見せ方が上手かった。そしてステージ上のメンバーが楽しそうな表情だったので、自然と見てる側も笑顔に。個人的にベースに惹かれたのですがサポートメンバーっぽいですね。

GARIもbabamaniaも、もしまたLIVEを見る機会があれば楽しみです。

そしてHALATION。とにかくGARI→babamaniaの転換もそうでしたが楽器総取っ替えなのでドラムセットとか時間がかかる。1人で行くイベントは転換が結構ネックに感じます。HALATIONは的場さんも杉山さんもKatieもセッティング大変そう★と思っていたら・・・このイベント、転換中はDJが入っていて、またその選曲がメンバーの趣味に合わせてる?って位に合ってて退屈しませんでした。セッティングで出て来ていた杉山さん、DJの曲にノリノリ&時折口ずさみ、ステップ踏みながら準備してるー♪髪型変わってて、赤ブチ眼鏡かけてて、赤コート羽織ってて、何やら不穏な雰囲気が。。。まさかイベントでも女装やっちゃうの??っていうか、既にメイクしてるし。。。
的場さんは冷静にテキパキとセッティングされてました◎

で、SE流れてHALATIONライブSTART◎先ず、SEがtroubleだったのが新しい!
そしてメンバー登場。またもやおすぎはブラックナース★赤眼鏡もかけたまま。赤いストラップのついた厚底靴、前から準備していたのかな?今までの靴よりもなんかステップが踏みやすそうに見えました。

new One... / HALATION / "the chain"

イベントなので持ち時間少ないし、どんな選曲で来るのだろう?とちょっと期待していたけど、持ち曲が少ないからそうそうワンマンと変化は無いのは当然でした;
東京なのに、9月の東名阪ショートTOUR、殆ど皆が全通者?って思えるくらいに初めからお客さんの反応が良かったです。2曲目のHALATIONでいつもの如くFanの手が挙がるんだけど、自分も手を挙げながら明らかに前の2バンドと毛色が違うことを実感しました。babamaniaさんの方が異色かなー、って思ったけど全然HALATIONの方が閉塞的でした;イベントなのにこれで良いのか?!

1回目のMCでjunji自身も今日がDVD発売記念ライブなのだということを初めて知った、って言っていたけどそれは・・・照れ隠し?イベントなのだからHALATIONを知らない人も居るんだし、もっとハキハキと喋って下さい。。。体調、良くなかった?額と鼻筋になんかデキ物っぽいのが見受けられたんだけど・・・ホクロとかじゃないよね?っていうか、お母さんじゃないんだから、毎回体調のことを心配するのは自分でもおかしいと思う・・・。

hysteria / morrow / all is full of love / forgive a sin / baptism by effusion

ちょっと順番が曖昧。しかもcrystal my dear演ったような、演ってないような・・・;
MCは頼りなさげだったけど、フロントマンとしてのパフォーマンスは結構魅せてくれました。本人も唄ってて歌詞に気持ち良く入り込んでるのが見ててよく判りました◎
何かの曲のイントロで、後ろを向いたjunjiがテンションを高めているのか、両手指先をワナワナと動かしてた。何?それ、ハンドパワー??どんな効果があるの??
それと、前から思っていたのですが、all is full of loveのイントロで打つ手拍子?のリズムがどの拍?をキザんでいるのか私にはよく判りません。。。でもいつもあれ、やってるんだよなー。

2回目のMCの時に「短めに、短めに」と、メンバー紹介。おすぎのことを「オカマちゃん」呼ばわりしてたけど、おすぎもそれを否定しないw 彼の姿を見て(「一瞥して」って表現が適切かもw)、ちょっと失笑するjunji、でも「短めに、短めに」とそれ以上については触れず。で、「残り3曲です」と。

trick baby / Freedive / last moment

あれ?何か違うかも。Freediveとbaptism〜の位置が逆だったかなぁ。。。
そうそう、one...演りませんでした(吃驚
何かの曲でjunjiが後ろから奈良さんに抱きつくようなカタチで首下に手を回していたら、その時の奈良さんの表情が嬉しそうで嬉しそうで◎「ジュンちゃん・・・(嬉)」って声が今にも聞こえて来そうでした。

今回のLIVEでとっても気になったのが曲と曲の"間"。確かにお客さんもメンバーを呼んだりしないから余計にシーンとしてしまうんだけど、それにしても長く感じてしまいました。そりゃ、後方からbabamaniaのGenkiさんに「はれいしょんっっ」って言われちゃうよなー。。。
でも、今までのワンマンの時もそうだったっけ??すっごく今回はその時間が気になってしまいました。

このイベントは或る意味"主役"だったので、ドーンと構えてワンマンと同じ姿勢でいてもOKだったけど、これがAWAYだったらHALATION的にはちょっと辛いかも。。。正直、そう感じてしまいました。もっともっともっともっとLIVEの数を増やして欲しいなー、って。
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

大収穫@晴れイベ。

060923_1850〜001.jpg 下からじゅんぢ・Katie・おすぎのサイン

avexビル前で入場整列を待っていたら、ヒュ〜っと目の前をおすぎが通って正面玄関からビルへIN☆
あれ?出るの?目の前で拝見し想像以上に小柄でした。服装はサイケというかサイバーというか。
その時既にスタート30分前。ギリギリの入りなんですね。
場内に入ったら壇上にイスが3つ、そこでおすぎが出ることを確信。じゅんぢにかり出された?!

トークイベの進行は荒川さん。
「じゅんぢさんでーす」と紹介され出て来たのはスギヤマさん@ノーマル。盛り上がる場内。一番左の席へ。
もう一度「じゅんぢさんでーす」と紹介されて次に出て来たのはケイティ!!!!!うっそ!?可愛い!可愛い!!真ん中の席で自分の正面だったのでとにかくケイティに見入ってしまいました。
そしてじゅんぢの登場。うわぁ、羽織りの浅い上着×タンクなので肩が見えるYo!そっと拝ませて頂きました。
マイクが1本なので3人で回しながらのトーク。MC同様、ケイティ・おすぎがとても喋ったのでかなり話が広がって実のある話?を聞けました。

・大阪のライブでケイティはじゅんぢのSoulに触れた(頑張りに感動)
 →点滴を打ったから良かった by J
 →じゃ、これからライブ前は点滴を打って臨もう by K

・もともと扁桃腺を傷めてた名古屋のライブ、
 本編は調子良かったけど、アンコールで急に声が出なくなった by J

・じゅんぢ母は可愛い!父はクール!
 兄も可愛い!家で飼いたい! by K
 →じゅんぢおばあちゃんがエラクおすぎを気に入ってた by J

・ゴスロリ姿は納得の出来◎
 でも、会場入りして直ぐ着替え&メイクをしてしまったので、楽しみにしていたたこせんが
 ライブ終了まで食べられなかった by 杉
 →じゅんぢ以外のメンバーはライブ後たこせんを買い食いしてた by J

・たま〜に吸うおすぎのタバコは吸い方が変!
 絶対肺まで入れてないみたい、中学生のタバコみたい by K

・おすぎはドM、じゅんぢ&ケイティがドSなのでカッコウの餌食 by J
 →酔うとケイティは僕をいじって止まない by 杉
 →だって酔うとおすぎは暗くなるんだもん by K

・おすぎはじゅんぢの2個下 by J

・・・そんな感じにツアーエピソード等を語ってくれました。

で、質問コーナー。ゼヒとも訊きたいことがあったので、整列前に配られた用紙に私が書いたこと・・・
「名古屋から奈良さんの前にもマイクが設置され、コーラスされてましたが
 One. でメンバーだけでなくお客さんも皆で大合唱、というのは あり ですか?」

「全然あり、です」by J だって!!!!!やった♪
どうやら名古屋でじゅんぢの調子が悪かったので、リハの時点で既に「皆で唄っちゃって良いんじゃない?」と提案があったようです。現在、お歌の先生、ケイティを中心にアカペラver.を考案中、だとか。「じゃ、次からはお客さんにマイク向けて…」by K と、いうことで次のライブでは皆で合唱できるかも!?

それと、一緒に書いた「ライブのたびにステージパフォーマンスが向上されてますが、鏡の前で練習とかされてるんですか?」の質問には「しませんよ...」(苦笑 とのことでした。良かったw

あと、最近お薦め/良かった本についての質問で、以前は読書が苦手だったじゅんぢは角田光代さんの映画化された作品(『空中庭園』?)を観て「自分にとって大切なシーンが無かったり、で映画だけを観るということは損をしてるのかな」と感じたことがきっかけで本を読むようになったそうです。
で、スギヤマさんが最近読んだ本(SFもの)の話をしてるのに、じゅんぢはBGMで流れていた【new one...】を口ずさんでいて、あれれ?と思っていたら、ケイティに「じゅんぢくんはまるで興味が無いみたい」と指摘されていました。ホント、自然体過ぎw

今後の予定、としては11/29リリースのDVDについてのみで、ライブについては年内...と言いかけたけど明言できなさそうでした。ま、冬にあるっぽいってことで◎
トークはほぼ1時間で終了。荒川さんが〆たのに、また話し出したじゅんぢに「もう終わりなんだけど...」と云われ「あ....(客に向かって)帰りなさい」との言葉で終了しました。

昨年のイベントよりも話のテンポも良く、沢山お話しを聞けたので今後はこのメンバー(ぃや、可能であるならHALATIONメンバー全員で)イベントして欲しいな、と思ったイベントでした。
質問を読まれた人には3人のサイン入りポスターがプレゼントされ、じゅんぢのみならず、ケイティ(Katieなんですね)&おすぎのサインもgetでき、ホクホク顔でのご帰還◎

Katie、顔がめちゃめちゃ小さくてホント、可愛かったw おすぎも鼻が高くて端正な顔立ちでした◎そしてじゅんぢ・・・めっさめっさカッコ良過ぎ♪
posted by あや〜ん at 18:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

HALATION@心斎橋DROP

本日のおすぎは(って、おすぎの話からなんだ;)全身黒のゴスロリ仕様。ゴスメイクもバッチリ、髪も2つ分けして捲いてた。完璧な姿だったので登場した途端、会場からは悲鳴にも似た歓声がw でも昨日の奈良さんの言葉じゃないけど・・・可愛いw 照れてる仕草に奥ゆかしさすら感じる程でした(間違ってる?
ケイティは逆立てた髪にエクステを着けての登場・・・むちゃくちゃ可愛すぎる◎
junjiはタンクトップ×赤シャツ、的場さんは黒シャツ、奈良さんは白シャツ姿。
おすぎは本編&アンコ1まで黒タイツで靴無しでした。さすがにヒールでのライブは辛かったのかな。アンコ2の時はスニーカー履いてた。

to my mind〜worldly-wideの流れで他会場と同じリストかな、と思いきや、3曲目でcrystal my dearではなくHALATION。あれ?変えて来た?と思ったら他は同じでした。

SPACEの前でjunjiの機材にトラブルが起こり、「トラブルです」と。もともとMCが入る位置だったけど、長引きそうだったからか「じゃぁ、メンバー紹介を・・・」とjunjiに機転が利いたことだけで目を細めてしまう私は失礼なファンです。ただ、「喉の調子が悪いので代わりに・・・」とおすぎに振ってjunjiだけ一度はけてしまう。おすぎが代わりにマイクを取って、ちょっとしたツアーエピソードを交えながらメンバーを紹介。皆さん照れながらもいろいろとお話し・間の手を入れてて、そんなトラブル フォローの姿がまるでファミリー◎微笑ましい光景でした。紹介がjunjiの番になり、ケイティの煽りでjunjiコールでのお出迎え。
どうやら声帯を傷めてしまったらしい。「今日も早起きして点滴を打って来ました」との報告に「12時まで寝てたじゃん!」のケイティの鋭い突っ込みが入る。途端に絶句のjunji・・・。これで昨日のアンコ1回の謎も、今日のcrystal my dear飛ばしの謎も解けたように思いました。昨日は「死ぬかと思った」程つらかったそうです。でも、声スッゴク出てたよ、正しい発声ができてるからなんだろうな◎
11/29発売のDVDには本日の病院密着レポも入るとか・・・w 病院でカメラを回していたそうです。

そんな劣悪なコンディションであるのにステージングは全くそれを感じさせませんでした。約半月の間での3本のライブによって、ますますフロントマンとしての位置が確立したように思えました。「何かつかめた様な気がする・・・ウソ」と本人は茶化していたけど、実際その通りだと思いました。その証拠に魅せ曲morrow、freediveの後の客の声はとても大きかった。

「昨日の名古屋のお客さんには本当に申し訳なかった」「今日はとことん演る」・・・アンコールでのjunjiの言葉は嬉しかった。そしてそれを実証してくれた。

アンコールはfreeway babyとforgive a sin、2回目で「1曲忘れてました」とcrystal my dearとリクエストに応じてのlast moment。熱唱曲であるcrystal my dearは部分的に唄い方を変えながら、でも雰囲気は変えず、でその姿に感動。
最後はメンバー全員並んで両手を掲げて拍手に応えてくれた。メンバーがはけてからも会場中が温かい拍手で、とても良いTOURラストでした◎

次のライブに対しての明言は無かったけれど、代わりにDVDリリースを楽しみに待っていようと思います。
とにかくとにかくとにかく私的には、ますますjunjiへの愛を深めたライブでした♪
ホント、カッコ良過ぎ。。。むちゃくちゃらぶ。
posted by あや〜ん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

意外に名古屋の人が…

少ないことも知っている、そうです(苦笑) @MC

HALATION初の名古屋、かなり良かったんだけど…体調悪かったのかな?どうしたんだろう、アンコール1回、1曲で終了。ヒューってじゅんぢ1人先に帰っちゃったし、帰らない客におすぎが再度登場して詫びを入れてるし。

スタートから良いライブに思えただけに、謎が残ります。

リストは多分UNITと一緒。だから「全曲やります」って最初に宣言したくせにforgive a sin聴けなかった〜、残念★
ま、明日があるしw なんて思える人は良いけど、2年間純粋に待った名古屋の人には良いライブだっただけに残念だったな、と。

ほんと、最初からノビノビしてて良い雰囲気だったんだよ〜。

とりあえず、ビール買ってホテルで乾杯!
レポ、とは云えない覚え書きは後日。。。
posted by あや〜ん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

HALATION LIVE 2006 "missing"@代官山

to my mind / worldly-wide / crystal my dear / HALATION / "the chain" / narrow escape / let down / new one... / B>I>P / morrow one. / SPACE / Freedive / I'll die for you / hysteria / baptism by effusion / all is full of love / trick baby / last moment ※一部順不同
freeway baby / for give a sin / worldly-wide / trick baby

DVDシューティングだから?上手の奥まったところが立入禁止になっていたのでその脇で観ました。前の人の頭を挟むけれど一応全メンバーさんが視界に入る位置。メンバー登場で先ずピンク・ナース姿のおすぎに目を奪われました。確かにシューティングだけどTOUR初日だし・・・と思っていたので驚愕。今まで見て来た中で一番似合ってるかもw
ライブ中、おすぎの動向が丸見えなのは私にとって1年前のUNIT以来。ぴょこぴょこ跳ねたり、手を振り上げたり、口ずさんだり、そのステージングは終始素晴らしかった♪つられて自分も同じノリ方しそうになったりも。worldly-wideの間奏の手さばき・真剣な顔つきにキュンとしてしまった。天才と変態の両面を持っている人って好き!(褒めてます

to my mindから始まるのは好きなパターン。ただ・・・むちゃくちゃドラムとベースの音が大きくて、他の音が聴こえ難い状態が本編ずっと続いてました。徐々に調整されていたけど最後までjunjiとケイティのヴォーカルが小さく思えた。junjiヴォーカル力向上が確認できず残念。でもでもそれでもライブは十分に楽しめました。

7月ライブで一聴惚れし、CD聴いて消化してライブで聴くのを楽しみにしていたworldly-wideは2曲目で、未だ温まっていない会場だったのでこれも少々残念、もっと手が挙がる画を想像してたので。でも良かった・楽しかった。ケイティ可愛い過ぎでカッコ良過ぎ◎っていうかさーケイティ、何であんなに完璧なんだろう。まさに才色兼備、隙がない!ENCOREのTシャツ姿も、HALATIONタオルぶんぶん振り回してる姿も、おすぎと並んで踊ってる姿も総て総てカッコ良かった。きっと神様もベタ惚れで二物も三物も四物も彼女に授けたんだと思う。。。

let downは本当に良い◎junji、モノにし過ぎ。HALATION色に見事に染め上げられてます。これもDVD化されるのかと思うと本当に11/29が待ち遠しい!11/29...「うっかり誕生日」、私と凛ちゃんの中でかなり熱いです(謎 これはもうプレゼント決定、ということで!?拒否されてもケイティをチラつかせて手中へw

DVD化のことはMCでも度々触れられてた。その為か・・・前半は少々ステージングに硬さが感じられた。後半はヴォーカル(パフォーマンス)junjiで魅せる曲が続いたので、ちょっと前半に間引いても良かったのかも。7月のようなリストだったらもっと会場が暖まるのが早かったのではないでしょうか。
それとjunji、もう少しMC頑張って!!!面白いこと言え!とは求めません。でも恥ずかしがってちゃダメだから!おすぎに振る時の様な強気な姿勢で貫いて下さい。

MCで触れられていた的場さん10kgダイエット、顔が二回りくらい小さくなってました。前回はけなかったパンツのリベンジに今回成功されたそうで、おめでとうございます◎one.の軽やかドラムが心地良いです、Freedive〜I'll die for youのワル音が好きです。気のせいか何度かおすぎナースをチラ見してるように思えたのですが、そんなに美しかったですか?それとも異物でしたか?!
そう、私はこの日おすぎナースを見て何度もキレイ、と思ってしまったのですが、それは杉山さんもダイエットに成功されたからだったんですね、おめでとうございます。予定以上に減ってしまい「少し戻そうか」と言っていたけど、辛くないのなら今のままが良いなぁ。。。ホント、横顔とか鼻筋が通ってて本当にキレイ&可愛いだったw 今回は胸無かったけど、あれで胸入れたらかなりイケてましたよ◎黒ナースならjunjiも許してくれるのですね、相変わらず中途半端な飴と鞭政策でw

奈良さんの年齢には驚きでした。全くもって55歳には見えないです。ライブ中も2〜3缶ビールをあけてたけど、アンコールでfreeway babyのギターリフを弾いたりする位なので、一体どれくらいガソリン入ってたんだろう。。。それだからか、2回目のアンコールでのベースにはビックリでした。あぁ、本当に音を楽しんでるな、って。素晴らしいです◎

この後TOURは、名古屋〜大阪を控えてるワケですが、まさかHALATIONで自分も遠征するとは。でも、これ程にまで楽しませてもらえる&愛情注げるステージを毎回魅せられているので、得るものは大きいと思います。再来週が楽しみ♪
ラベル:音楽 HALATION junji live
posted by あや〜ん at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Laputa・ex.Laputa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする